バドミントン大好きのチワワの”なな”"あい”のママのページです!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
わんこの手作り洋服
近所のトイプードルのわんこのお母さんはいつも手作りのお洋服を着せています。

あたしもいつか作りたいな~と思っていたので。

これまた、ズ~~~と前になりますが、

「ユザワヤ」
へ行ったときに、布を買ってきました。

フラダンスのスカートを作るようなとっても、かわいい布。

しかし、
玉ねぎ中毒事件で、


やる気が出ないでいたのですが、


夏までには、間に合わせたいな~~とは思っていたのですが、全然はかどらず、



会社の友人にこぼしていたら、


「今度の検診(毎年都内まで検診に年に一度行っています)までにできなかったら、お茶ごちそうしてね」

と、励まされ。

やっと完成しました。



そう言う理由か…汗



IMAG1626.jpg



ミシンも久しぶり、ホントに苦戦しました。



縫い目がひどいので、
ちちゃい画像で  ↑


サイズはなんとかぴったりでした。


IMAG1634.jpg


ちなみに、

本当はパフスリーブがついていたのですが、
付けて袖を通そうとしたら、ななの手が通らず、

急きょノースリーブへ。


臨機応変、対応できるあたしってすごいわね!!

と、自画自賛した自分でした。

スポンサーサイト
玉ねぎ中毒
御無沙汰しております。

さて、書こうかどうか迷っているうちに、
もう2ケ月近く経ってしまいましたが。

どなたか参考になる方もいらっしゃるかも・・・・と思い、書いてみることにしました。


5月8日

夕方ジムに行く予定があったので、

唯一夕食を食べるという長男のために

○牛肉薄切り185グラム
○玉ねぎ 中1個

これを炒めて、塩胡椒の味付けで炒め物を作り、キッチンのカウンターの上(高さ95センチ)の上において出かけました。

我が家の食卓のテーブルは以前
ソファーの背もたれ→食卓テーブル へジャンプして、唐揚げ1皿をたべてしまったあいのために、
テーブルの上食べ物放置禁止!
となっていたので、
食べ物は、カウンターへ置く事となっていました。


しかし、かえってくると
長男と主人が慌てた様子で、

「あいがお皿の肉食べた!」と大騒ぎでした。


どうも
たまたま置いてあった高さ25センチの椅子→70センチのテーブル→カウンターへと

考えれらないルートで伝って
食べてしまったようでした。


まるで妊婦のようなお腹をしていたのですが、
とっても元気だったの、そのまま様子を見ることにしました。


さすがに、
お腹がいっぱいの様子だったのですが、
調子は良さそうなので、翌日のお散歩、食事、
うんちも、黒いうんち(肉のせいですね)でしたが、おしっこも普通。

なんだ、大丈夫なんだ・・・

と思っていたのですが、

翌々日のお散歩から帰り、ごはんを食べて、シートにしたおしっこを見たら

なんと、

赤ワインのようなおしっこ。


慌てて、病院へ行きました。



すぐに入院
おしっこは、
血色素尿という尿だそうで。


身体の中で
玉ねぎにやられた赤血球が壊れて尿からでる症状だそうです。


そして犬は貧血になってしまうそうです。


その値としては、

採血をしてヘマトクリップ値の値をはかります。


入院した

10日朝39%
11日朝32%

20%以下になるとダメらしいのですが、
玉ねぎを食べて時間が経っているのにこの値なので大丈夫だろう・・
という先生のお話ですが。
まだ、様子を見ましょうという事で、しばらく入院。

12日朝30%


おしっこは黄色くなっているのに、なかなか値が上がりませんね。

もし、20%以下になった、輸血が必要です。
どなたかドナーを探してください。

条件は、6歳未満の10キロ以上のわんちやんです。

と言われました。


いつもお散歩に行っている公園へ行って

どなたか?
と、探しました。


大きなワンちやんは、
もうドナーのお仕事をしていらっしゃるワンちゃんもいらっしゃって、そんな方には、または頼めないな~
と思っていたのですが、

3歳のゴールデンの太郎君が引き受けてくれることになりました。

本当にありがたくって、
涙が出てしまいました・・


13日昼22%

このあと、

13日夜17%

夕方太郎君に病院に来てもらい、
検査してもらいました。

犬の血液型は2種類あって

プラスとマイナス

マイナスの子から、プラスの子に輸血はできるのですが、

プラスからマイナスの子には、輸血できないそうです。


調べてもらったら、
太郎君は、プラス、もしあいがマイナスだと、輸血はできない、違う子を探してください。とのことでした。


そ・・・・そんな・・・・
どうしよう~~


太郎君にはとりあえずお帰りいただいて、


こんどは、あいの血をとって検査。
あいもプラスだったそうで。


よかったです。



とりあえず
これで
2匹の血を混ぜ合わせてしばらく様子を見る

「クロスマッチ」という検査をしてそれで問題がなかったら、輸血ができるとのことでした。

しかし、
もしこのまま値が上がれば、
輸血しなくても大丈夫とのこと。


14日朝17%

夕方輸血をしましょう。
とのことでしたが、


朝ごはんも食べずに、
元気がなくなってきたので、
はかったら

16.5%

お昼休みに、
太郎君に来てもらい、
輸血をお願いすることになりました。

(太郎君ありがとうございます)


50㎖ 血をいただいたそうです。

翌日

15日朝36%に上がり

しばらく様子を見ます。
とのことで、

17日朝%

やっと。
お昼に退院できました。


よかった~~

8日間の入院でした。


そのあと、
おしっこが正常になっても、
なかなか、貧血が解消されなかったのは、

自己免疫不全を起こしているかもしれないとのことで、
しばらくは、薬を飲んでくださいとのことで、
家で薬を飲み、様子を見ていました。


本犬はとっても元気で。

かえってきたら一番になにをするんだろう?
と、思ってカメラを構えて見ていたら、


「くんくん」言っているななに

「うう~~」と言いながら

バックからでるやいなや、
トイレに直行!

おしっこ→うんち→水がぶ飲み→おしっこ

我慢していたんだね~~


そのあと

20日夜36%

28日夜39%

6月8日46%

↑やっと正常に戻りました。

家に帰ってからは、レバーいっぱい食べさせました。それがよかったのかな?


37%以上が正常の範囲らしいですが。
Copyright © 2017 MIEMIE’S DIARY. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。